* *
楽しみながらネット収入!

ネット口座開設

獲得ポイント、報酬、謝礼を現金で受け取る場合

ジャパンネット銀行やイーバンク銀行の口座開設は、必要になってきます。なぜかといえば登録するサイトによっては、これらの銀行が指定されているからです。共通するのは、二十四時間ネット上で操作でき、振込手数料が一般の銀行に比べ安いのが特徴です。振込手数料を負担してくれる登録サイトでしたらどこの銀行でも関係ありませんが、自分で負担する場合には大きく変わってきます!

頑張って千円分のポイントを貯めてキャッシュバックの申請をしたとします。イーバンク銀行で受け取る場合、手元に千円!しかし、普通銀行で受け取る場合、手数料が差し引かれ手元には…七百円なんて事に(><) (手数料は登録サイトによって違います。)
折角、苦労して貯めたのですから少しでも多くなる様にしたいものですね!

POINTINのように郵便振替口座しか対応していないところもあり、「ぱるる」とは別物ですので登録の際は気をつけて下さい。※2006年4月より、イーバンク銀行にも対応しました。

未成年者の口座開設

どこの金融機関でも未成年者(婚姻者を除く)の口座開設は可能ですが保護者(親権者)が反対した場合、口座開設する事はできません。
たとえ親に内緒で口座開設してもあとから取り消すこともできます。
ですから口座開設する前にひとこと伝え、必ず了承をもらって下さい!

ジャパンネット銀行
口座維持手数料 同行口座間送金 他行への振込手数料 セキュリティ
※189円/月 52円 168円 SSL128bit

ネット銀行の先駆けであり、現在もオークション市場では利用者の多くが使用しています。また、公共料金の口座自動振替にも使えますし、その他サービスも色々と用意されています。
未成年でも口座開設可能で特に親の承諾書等は必要ありませんが口座開設に同意してる事が前提です。
※前月中の口座への振込入金額の合計が 3万円以上、口座への振込入金回数 2回以上、口座からの振込み利用回数 2回以上で口座維持手数料が無料になります。
アンケートのマクロミルは振込手数料を負担してくれますし、ECナビはイーバンクでも同じ50円の負担になります。他にもオークションに出品した際など受け取り口座にジャパンネット銀行を指定していれば、口座維持手数料も発生しなくなりますね!

σ(^◇^;)管理人もそうですがイーバンク銀行ができる前からオークションをやっている方は、ジャパンネット銀行を保有していると思います。今でも出品時に指定している方も多いので落札する場合も手数料が安く済みますね!
アンケートやポイントサイトで貯まっているポイントを一度に換金しないで次回にまわしたりし、口座維持手数料をかからなくしたりする事もできます。

また、アフィリエイトの報酬もジャパンネット銀行で登録できるところも多いので指定しておけば何ヶ月後からは報酬が入るようになるかもしれません。LinkShareは、一円から払い込みがあります。
何分、お金に関する事ですから金利やサービスの詳細は、変動や改変も考えられますので、ご自身で確認して下さいね!
※口座維持手数料が2006年10月1日より改定されます。(現行=105円、改定後=189円)

ジャパンネット銀行
ページTOPへ
イーバンク銀行
口座維持手数料 同行口座間送金 他行への振込手数料 セキュリティ
無料 無料 160円 SSL128bit

イーバンク銀行は、日本の金融機関初、送金相手の名前とメールアドレスだけで様々な金融機関に送金できます(メルマネ)。送金する相手がイーバンク銀行の口座を持っていなくても大丈夫!メールを受け取った相手が何処の銀行でお金を受け取るか選択できます。

懸賞などでメルマネで送金と指定されている場合、イーバンク銀行以外の金融機関で受け取るときは手数料が発生しますから口座開設した方がお得という事になります。
また、メルマネの場合は口座番号を相手に教える必要がないのでそういった面でも安心!もちろん、メルマネではなく口座番号を指定して行う事もできますからオークション利用時にも簡単に送金や入金確認ができます。(口座開設や口座維持手数料無料)

他にも、ご家族で口座開設しておくとネットショッピングやオークションで残高が足りない時は家族間で移動させるなんて事も瞬時にできます!
ただし、今のところ「ぱるる」へは、他人名義の口座に振り込めません。
こちらも金利やサービスの詳細につきましては、変動や改変も考えられますのでご自身で確認して下さいね!


イーバンク銀行口座開設手順
  • イーバンク銀行の口座申し込みに必要事項を記入します。メールアドレスはフリーでも可!
  • 本人確認書類送付方法を選択しますが、返信用封筒にて郵送の場合は書類が届き、すぐに返送して口座開設まで約10日前後です。急ぐ場合は、FAXにて送付や携帯のカメラで行う事も可!
  • 本人確認書類は、運転免許証・保険証・パスポート・住民票の写しなど申込者の住所・氏名・生年月日を確認できるものです。住民票の写しは交付後、6ヶ月以内・他は有効期限内のもの。
  • 未成年で12歳未満の場合は、親権者の承諾が必要となりますから本人と親権者、両方の確認書類が必要となります。(住民票の写しや保険証だと1枚で済みますね!)
  • 郵送またはFAXの場合、上記の本人確認書類をコピーして郵送するかFAXします。
  • イーバンク銀行に本人確認書類が届くと「到着と申込内容の照合を開始」のメールが来ます。
  • 1〜2日で本人確認書類と申込内容の照合完了のメールが来て、「Thank Youレター」(イーバンク銀行口座開設のご案内)を郵送するといった内容が書いてあります。
  • 3〜7日後、イーバンク銀行より、「Thank Youレター」が郵送で届きますから内容を確認して「ログインパスワード」「約款同意」「暗証番号」の設定を行います。
  • その後、メールアドレスの仮登録→本登録でイーバンク銀行口座開設となります♪
ページTOPへ
一般振替口座(郵便振替口座)

一般振替口座(郵便振替口座)は通帳という物がなく利子も付きませんが通常振替の手数料=15円、電信振替の手数料=140円(送金側と受け取る側がの双方が一般振替口座を持っている場合)。
送る側が一般振替口座を持ってない場合は送金額によって手数料が変わります。
また、「ぱるる」とは口座番号の形式が全く異なりますから注意して下さい。
振込みがあると郵便振替受払通知票が郵送されてきますから登録した郵便局で受け取ることができます。

※以下POINTINより抜粋※
「口座番号が「郵便振替口座」ではなく「ぱるる」等で登録されているお客様が毎月多数いらっしゃいます。
そのような場合は郵政公社から振替通知票が戻ってきます。その場合は当方は既に支払いを完了したと見なし、お支払いは致しかねます。減算した分のポイントも元に戻せません」
とのこと。


一般振替口座(郵便振替口座)開設の手順

  • 新規開設に必要なもの=身分証明書(保険証・免許証・住民票等)住所・氏名・生年月日が確認できるもの、登録用印鑑
  • どこの郵便局(簡易郵便局を除く)でもいいので、一般振替口座(郵便振替口座)を開設したいと言えば記入用紙をくれますから必要事項を記入します。
  • 口座開設の手続きは、どこの郵便局(簡易郵便局を除く)でもいいのですが、お金を受け取る郵便局は指定しなければなりません。
    指定した郵便局の窓口でしか引き出せない為、自宅や職場の近くなど都合のいい郵便局を指定します。
  • 手続き自体は、10分程度で終り、その場で口座番号が記載された控えを受け取って完了です。
  • 約、1週間程度で正式な開設通知と郵便振替ご利用のしおりが郵送されてきますので大切に保管して下さい。

一般振替口座(郵便振替口座)より引き出し手順

  • 郵便振替受払通知書が郵送されてきたら口座に振込みがあったという事です。
  • 口座開設の時に指定した郵便局へ行き、郵便振替受付票に必要事項を記入します。
  • 上で記入した郵便振替受付票と登録した印鑑と郵便振替受払通知票を窓口に提出して引き出す事ができます。
    身分証明書の提示を求められる場合もありますから持参して下さい。(保険証や免許証等)
  • 家族など代理で行ってもらう場合、身分証明書(保険証や免許証等)を持参して下さい。
    (管理人が指定しているところでは可能でしたが一応、確認した方がいいと思います<(_ _)>)
  • ※受払通知票の再発行には、手数料が500円かかりますので紛失には要注意。
ページTOPへ
ぱ・る・る

郵便貯金総合通帳で、お持ちの方も多いと思います。こちらもオークションでは、かなりの需要がありますし郵貯間の送金が120円(機械扱い)、140円(窓口扱い)、110円(郵貯インターネットホームサービス)です。(2006年4月3日改定)
アフィリエイトのA8.net は、郵便局ですと手数料が30円で済みますが銀行になると三井住友銀行以外は、525〜735円がかかってしまいます…この差は大きいですね!

ぱるる口座開設手順
  • 郵便局で、ぱるる口座開設の預入申込書をもらい必要事項を記入します。
  • 新規口座開設に必要な物は、身分証明書(保険証・免許証・住民票等)住所・氏名・生年月日が確認できるもの・登録用印鑑・10円以上の預入金で口座開設できます。
    ※小中学生でも保護者の同行や承諾書等は必要ありませんが、窓口で聞いたところ局員の判断で保護者に確認をとる場合もあるそうです。
    (ページの最初でも紹介しましたが親権者=保護者が口座開設に同意している事が重要!)
  • 郵貯インターネットホームサービスを利用する場合、一緒に手続きする方が手間が省けます。

郵貯インターネットホームサービス

既に「ぱるる口座」や「一般振替口座」をお持ちの方で、郵貯インターネットホームサービスを利用していない方は、窓口で申し込み用紙をもらい必要事項を記入して郵送するか窓口に持参します。
その場で申込みを行う場合は、口座番号を記入する項目があるので「ぱるる」の通帳と届け出印も持参して下さい。(一応、身分証明書も)
申し込みから約1週間位で自宅からネットを利用して口座より送金、残高確認や振込み確認が可能になり便利ですよ!

注意)設定した暗証番号を忘れた場合(※キャッシュカード含む)
  • 郵便局(簡易郵便局を除く)窓口へ行き、暗証番号再発行の用紙をもらい必要事項を記入し窓口に提出します。(郵送などでは駄目で窓口で本人確認となります)
  • 郵貯インターネットホームサービスで利用している通帳と届出印、免許証や保険証などの身分証明書が必要となりますから持参して下さい。
    (※キャッシュカードの暗証番号の場合はキャッシュカードも持参)
  • 手続きをすると後日、貯金事務センターより暗証番号が記載された書留郵便が届きます。
    管理人も一度、経験がありますが確か2〜3日で郵送されてきたと思います!
  • ※キャッシュカードの再発行には、手数料が1,000円かかりますので紛失や磁気には要注意。
郵便貯金ホームページ
TOP HOME
Copyright (C) 2004-2007 楽しみながらネット収入!. All Rights Reserved